fc2ブログ
10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

展望列車 (叡山電鉄)  



2022.11.09 叡山電鉄鞍馬線 鞍馬-貴船口

 洛北を走る叡山電車の鞍馬線には
 展望列車「きらら」の愛称を持つ
 900系電車が2編成運行されています。

 観光用列車として導入されたこの電車は
 眺望を重視した大きな窓ガラスを採用し、
 一部の座席は窓側を向けて配置しています。

 実際に乗車してみると、立っても座っても眺望は抜群
 「紅葉を観るために乗りに来ていただく車両」の
 コンセプト通りの素敵な車両でした。

category: -近畿各線

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: 叡山電鉄 
Posted on 2022/11/23 Wed. 23:45  edit  |  tb: 0   cm: 2  

色とりどり (叡山電鉄)  



2022.11.09 叡山電鉄鞍馬線 二ノ瀬-市原

 叡山電鉄の市原駅-二ノ瀬駅間には、
 線路の両側にもみじが植えられています。

 特に二ノ瀬駅手前の約250メートルは
 「もみじのトンネル」と呼ばれ、
 紅葉シーズンになると電車は徐行して運転され、
 乗客の目を楽しませてくれます。

 見頃には少し早い時期ではありますが、
 赤や黄色に覆われた色とりどりのトンネルに
 ゆっくりと列車が吸い込まれていきました。

category: -近畿各線

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 叡山電鉄 
Posted on 2022/11/18 Fri. 23:45  edit  |  tb: 0   cm: 2  

一足早い紅葉 (叡山電鉄) 



2022.11.09 叡山電鉄鞍馬線 二ノ瀬-貴船口

 京都市内左京区の出町柳から
 紅葉の名所である貴船や鞍馬を目指す
 叡山電鉄の鞍馬線

 11月も中旬に差し掛かる頃
 沿線の貴船口駅付近では
 色付き始めた紅葉が逆光に映えていました。

 ハイシーズンともなると混雑するこの路線も
 今はそれほどではありません。
 静かな洛北で一足早い紅葉を楽しめました。

category: -近畿各線

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 叡山電鉄 
Posted on 2022/11/13 Sun. 23:45  edit  |  tb: 0   cm: 2  

ゆらゆらと (紀州鉄道) 



2019.7.26 紀州鉄道 市役所前-西御坊

国鉄御坊駅と御坊市街地を結ぶ目的で作られた紀州鉄道
わずか全長2.7Kmのミニ路線
中でも末端部分の市役所前-西御坊間は
その距離300mしかありません。

その16両編成の新幹線より短い駅間では
市役所前のホーム上から西御坊駅を望めます。

うだるような夏の日の午後、
西御坊駅で停車中の列車は
陽炎に揺れながら発車時刻を待っていました。


category: -近畿各線

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 紀州鉄道 
Posted on 2019/08/09 Fri. 22:54  edit  |  tb: 0   cm: 0  

ヒルガオ (紀州鉄道) 



2019.7.26 紀州鉄道 市役所前-西御坊

野に咲く朝顔の「ヒルガオ」

朝顔と同様、朝に開花しますが
昼になっても花がしぼまないことから、
そう呼ばれています。

そのヒルガオですが、夏の強烈な日差し受けて
さすがに花がしぼみ始めていました。

ジリジリと照り付ける暴力的な太陽は
しばらく主役の座に居座りそうです。

category: -近畿各線

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 紀州鉄道 
Posted on 2019/08/04 Sun. 20:37  edit  |  tb: 0   cm: 0  

土用の丑の日 (紀州鉄道) 



2019.7.26 紀州鉄道 市役所前-西御坊

 土用の丑の日を翌日に控えて
 うなぎ屋さんは大忙し。

 お店の前の路上で焼くうなぎの香りが辺りに漂い
 思わず食欲をそそります。

 その煙が届きそうな列車の中からも
 熱い視線が注がれていました。

category: -近畿各線

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: 紀州鉄道 
Posted on 2019/07/30 Tue. 22:00  edit  |  tb: 0   cm: 1  

陽が沈む頃に (阪神なんば線) 



2019.2.26 阪神なんば線 伝法-福

 早春の夕陽が沈む頃
 昼間の暖かさがウソのように
 あたりは冷え込んできました。
 
 寒風渡る目の前の鉄橋を
 勤め帰りの乗客を乗せて
 電車が次々と通り過ぎていきます。
 
 今日も1日、ご苦労様でした。
 

category: -近畿各線

thread: 風景写真

janre: 写真

tag: 阪神なんば線 
Posted on 2019/03/12 Tue. 23:37  edit  |  tb: 0   cm: 1  

大河を架ける (阪神なんば線) 



2019.2.26 阪神なんば線 伝法-福

 琵琶湖より出でて大阪湾に注ぐ大河 「淀川」
 その最下流に架かる鉄道橋梁が、
 阪神なんば線の淀川橋梁になります。

 全長750mを超えるその姿は堂々たるものですが
 川面まで手が届きそうな高さしかなく
 防災上の観点から架け替え工事が行われるそうです。
  
 大正13年に架橋されて95年
 引退の時が近づいているようです。

category: -近畿各線

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: 阪神なんば線 
Posted on 2019/03/05 Tue. 23:12  edit  |  tb: 0   cm: 0  

きさらぎ艶姿 (阪神なんば線) 



2019.2.26 阪神なんば線 伝法-福

 川沿いの土手を目指して歩いていると
 なんとも艶っぽい梅の花が
 目に飛び込んできました。

 傾き始めた夕陽を浴びて
 ほんのり紅く色づいた姿は
 春の気配を色濃く感じさせます。 

 弥生三月はもうすぐそこです。

category: -近畿各線

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 阪神なんば線 
Posted on 2019/02/28 Thu. 22:06  edit  |  tb: 0   cm: 0  

秋色オブジェ (加古川線) 



2018.10.26 JR加古川線 比延駅

 国鉄時代の末期、地方のローカル線では
 利用者の少ない駅が次々と無人化され 
 荒れるに任せた駅が多かったように記憶しています。

 そんな無人駅でしたが、昨今は地域の方々が
 駅の清掃や手入れをボランティア行うようになり
 管理され、利用されている駅が増えています。

 ここ比延駅の小さな待合室も綺麗に清掃され
 改札口の横にある一輪挿しには
 栗や柿をあしらったオブジェが飾られていました。

 駅の利用者は年々減少していると言われますが
 地域との繋がりは強くなっているような気がします。

 

category: -近畿各線

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 加古川線 
Posted on 2018/11/11 Sun. 17:41  edit  |  tb: 0   cm: 0