fc2ブログ
09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

お見送り (根室本線) 



1982.7.16 根室本線 帯広-札内

 昔の今も旅する若者の味方のユースホステル
 今は残念ながら閉館してしまいましたが、
 帯広の町中に「帯広ユースホステル」がありました。

 このYHの名物は、当日朝の列車に乗る宿泊者達を
 残った宿泊者がYH前の踏切付近で行う
 「お見送り」の行事がありました。

 「お見送り」は鉄道の敷地内で行っていたようですが
 当時は国鉄にも大目に見てもらえたようで、
 今を思えば、おおらかな時代だったと思います。

category: 国鉄時代

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: 根室本線 
Posted on 2021/09/03 Fri. 23:55  edit  |  tb: 0   cm: 2  

コメント

Y.H

もんたけさん、こんばんは、何時も貴ブログを楽しく拝見しております。

 筆者も学生時代の1970年に北海道を2週間かけて旅をしました。勿論学割の均一周遊券です。Y.Hは、旅の企画が遅くて、北海道は全く取れませんでした。仕方なく空きの有る国民宿舎に泊まりました。このような列車の見送りが有ったのは知りませんでした。

 印象に残っているのは、胆振線北湯沢と、新得駅から山奥へ朝夕各一本の路線バスで1時間半のトムラウシ温泉です。

 現在は、他人に干渉されるのを嫌がり、利用が激減して、写真掲載の頃から随分Y.H数を減らしたと思います。夜のmeetingで、宿泊者の自己紹介やペアレントの話が有って、それなりに楽しい時間だったように思います。 

 懐かしい思いでです。
 

トレインマニアⅡ #Bj.1rEpM | URL
2021/09/04 19:41 * edit *

トレインマニアⅡ 様
ご来訪戴きまして、ありがとうございます。

トレインマニアⅡ 様も学生時代に北海道へ行かれたのですね、北の大地は若者にとって魅力的に映るのか、どのYHにも全国から旅人が集まってきていました。

「列車の見送り」は帯広YH特有の行事だったようです。当時小生も、この「お見送り」がしたくて、予定を変えて連泊しました。フレンドリーでとてもよいYHだった事を覚えています。


もんたけ #- | URL
2021/09/05 00:31 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://montake1.blog.fc2.com/tb.php/1022-aad9774d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)