FC2ブログ
07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

津々浦々 (北陸本線) 



2011.8.17 JR北陸本線 水橋-東富山

 新幹線接続特急として、またL特急として活躍した485系

 直流・交流50Hz・60Hzに対応し、
 全国の電化区間を走った電車特急は
 赤とベージュに塗り分けられ
 緑の田圃の中を走る姿がよく似合ったものでした。

 都市間を結ぶ交通機関も、今や高速バスが全盛ですが 
 帰省にビジネスにたくさんの乗客を乗せた特急列車は
 皆の記憶の中に刻まれていることでしょう。 

category: 東海・北陸

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: 北陸本線 
Posted on 2018/08/26 Sun. 21:59  edit  |  tb: 0   cm: 0  

故郷を繋ぐ (東北本線) 



2015.8.03 JR東北本線 蒲須坂-片岡

この夏、お盆休みを利用して
故郷に帰省された方々も多いことでしょう。

かつては都会と故郷を繋いでいた寝台列車、
その中でも「ブルートレイン」と呼ばれた青い寝台特急列車は
皆の憧れでもありましたが、
帰省客などの大量の乗客を輸送するという
重要な役割を担っていました。

首都圏を発着する最後のブルートレインとなった
北斗星が廃止になって、はや三年

帰省の度に利用した寝台列車の記憶は
少しづつ消え行くのでしょうか。

category: 関東

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 東北本線 
Posted on 2018/08/20 Mon. 22:37  edit  |  tb: 0   cm: 2  

夏草茂る夕暮 



1978.7.23 山陰本線 青野駅

 太陽が西に傾き、暑かった1日が終わる頃
 シャツ一枚になった駅員が
 荷物を積んだ荷車を引いていました。

 荷物輸送を鉄道が担っていた頃
 列車には荷物車や郵便車が併結され、
 新聞や小荷物、郵便物を日本各地に届けていました。

 非効率と言われながら生き残っていた長距離普通列車は
 その役割の為に、運行されていたのかもしれません。

 夏草茂る夕暮れの駅に
 昭和の鉄道を思い出します。
 
 

category: ◆追憶の日々

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 山陰本線 
Posted on 2018/08/15 Wed. 00:26  edit  |  tb: 0   cm: 0  

真夏の小休止 



1978.7.23 山陰本線 小田駅

 「ガタン」と列車が停車すると
 窓を開け放した古い客車の車内には
 扇風機の音だけが聞こえていました。

 夏の山陰路 うだるような昼下がり
 小さな待合室がある小駅で、
 静かに交換列車を待ちます。

 早朝に出立した普通列車の旅は、まだまだこれから
 一息入れたら、また出発です。

category: ◆追憶の日々

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: 山陰本線 
Posted on 2018/08/08 Wed. 23:17  edit  |  tb: 0   cm: 0  

猛暑の予感 (しなの鉄道) 



2018.7.23 しなの鉄道 信濃追分-御代田

 台風の影響で少し涼しくなったのも束の間
 再び猛暑がぶり返してきました。
 
 標高1000m付近 信濃追分駅付近では
 朝のうちに拡がった筋雲も 形が崩れ
 夏雲が顔を覗かせて始めました。

 高原の涼しさも どこへやら
 今日も暑い1日のなりそうです。

category: 甲信越

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: しなの鉄道 
Posted on 2018/08/01 Wed. 22:25  edit  |  tb: 0   cm: 2