09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

QUEEN達との再会 



2016.09.23 三笠鉄道村 クロフォード公園

 蒸気機関車が去った鉄路を彩ったのは、
 ディーゼル機関車とディーゼルカーでした。
 中でもDD51とキハ82系は幹線・亜幹線の女王です。

 待避線に入ったDD51牽引の貨物列車をキハ82系の特急が追い抜いて行く
 こんなシーンがあちこちで見られた昭和50年代。

 そのワンシーンを再現するかような鉄道公園で
 彼女達との再会が叶いました。
 

category: ◆遺構・展示

thread: 鉄道写真

janre: 写真

Posted on 2016/10/30 Sun. 21:55  edit  |  tb: 0   cm: 0  

愛しのキューロク (三笠鉄道記念館) 



2016.09.23 三笠鉄道記念館

 各地で保存、復活運転されている蒸気機関車ですが
 最も好きは型式は何かと問われますと、 「9600」と答えます。

 小さな動輪と腰高のボイラー、車体のリベットやパイピングなど
 スマートさとはおおよそ縁のない無骨なスタイルが
 働く蒸気機関車を強く感じさせます。

 大正二年から770両もの製造され、
 日本の蒸気機関車の終焉を見届けた「キューロク」

 動態保存機がないのか残念ですが
 ぜひ1両、復活してもらいたいものです。

category: ◆遺構・展示

thread: 鉄道写真

janre: 写真

Posted on 2016/10/29 Sat. 21:35  edit  |  tb: 0   cm: 0  

実りの秋に想ふ事 (豊肥本線:市ノ川-内牧)  



2010.11.23 JR豊肥本線 市ノ川-内牧

 阿蘇山北側の阿蘇谷は南側の南郷谷に比べて、
 比較的広い平地が広がっています。
 
 稲作も盛んなこの地区ですが、
 10月8日の爆発的噴火では大量の火山灰が降りました。
 特に東側の阿蘇市がひどかった様で、
 刈り取り前の稲穂が灰を被っている姿には心を痛めました。

 応援の手立てが、阿蘇産や熊本県産品の
 農産物を購入することぐらいしか思いつきませんが、
 1日でも早く地域の皆様が平穏か生活に戻れますよう
 少しでも応援したいと思います。

category: 九州

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: 豊肥本線 
Posted on 2016/10/23 Sun. 22:10  edit  |  tb: 0   cm: 0  

阿蘇谷 (豊肥本線:市ノ川-内牧)  



2010.11.23 JR豊肥本線 市ノ川-内牧

 阿蘇山カルデラの中で、北側を「阿蘇谷」、南側を「南郷谷」と言いますが、
 豊肥本線は、この阿蘇谷を走っています。
 
 この阿蘇谷は、熊本地震の影響で線路災害(土砂流入)が為、
 現在も運休が続いていますが、
 豪華列車「ななつ星」のコースにも設定されている
 九州でも屈指の風光明媚な区間です。

 たくさんの観光客の笑顔を乗せた列車が
 再びここを走る時を、心待ちにしています。 

category: 九州

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: 豊肥本線 
Posted on 2016/10/22 Sat. 11:29  edit  |  tb: 0   cm: 0  

ゆうすげ号 (南阿蘇鉄道:阿蘇下田城ふれあい温泉-南阿蘇水の生まれる里白水高原) 



2010.11.23 南阿蘇鉄道 阿蘇下田城ふれあい温泉-南阿蘇水の生まれる里白水高原

 牧歌的な風景の中を走る トロッコ列車の「ゆうすげ号」ですが、
 先の地震による被災で、現在は、高森-中松間のみの運行になっています。

 全線の復旧には数十億の費用が掛かるようですが、
 地元の重要な生活路線であり、かつ貴重な観光資源を持つ南阿蘇鉄道が、
 元の姿に戻れるよう、チカラになれればと思います。 

 復興支援の応援サイトは下記にございます。

  http://www.mt-torokko.com/ouen/

 復興応援グッズや、被災まくらぎオーナーも掲載されていますので、
 ぜひ一度訪れて見てください。

 ※もんたけも、被災まくらぎオーナーに申し込みをいたしました。

  

category: 九州

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: 南阿蘇鉄道 
Posted on 2016/10/16 Sun. 21:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

第一白川橋梁 (南阿蘇鉄道:立野-長陽) 



2010.11.23 南阿蘇鉄道 立野-長陽

 熊本地震発生から、半年が経ちました。
 
 阿蘇の外輪山の切れ目に位置する第一白川橋梁も
 橋桁にひずみ出るなど、大きな被害が受けました。
 その費用は、架け替えを行った場合には20億円にもなると言われています。

 しかしながら南阿蘇鉄道は、地域の方々の重要なアシであると共に
 貴重な観光資源でもあります。
 この事は観光立県熊本にとって、地震からの復興における
 重要な意味合いを持つと思われます。

 観光客で賑わう「阿蘇」が戻りますよう、必ずや復興をと願うばかりです。 

category: 九州

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 南阿蘇鉄道 
Posted on 2016/10/15 Sat. 16:43  edit  |  tb: 0   cm: 0  

霧の中へ (石勝線夕張支線:鹿ノ谷-清水沢)  



2016.09.23 JR石勝線夕張支線 鹿ノ谷-清水沢

 夕張市では、今回を廃線を「攻めの廃線」として、
 JR北海道に交通複合施設などハード面での協力を
 申し入れたと聞きます。

 石炭産業で隆盛を極めた夕張市ですが
 最盛期には11万人を超えた人口も、
 今では8千人台まで減少しました。

 地方の人口減少が進む中で、
 夕張で起きたことが、日本の各地で起きても
 なんら不思議ではありません。

 手探りの中、廃線に伴う夕張市の取り組みに
 注目したいと思います。

 

category: 北海道

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: 石勝線  夕張支線   
Posted on 2016/10/11 Tue. 20:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

遺構 (石勝線夕張支線:鹿ノ谷-夕張) 



2016.09.18 JR石勝線夕張支線 鹿ノ谷-夕張

 鹿ノ谷駅が夕張寄りにしばらく歩いたところに
 夕張鉄道時代の橋台が残っています。
 
 木々に覆われている姿は、人々の活動の記憶をを消し
 自然に還らんとしていました。

 現在、夕張支線の廃線予定は2019年3月
 2つの橋梁ともに、鉄道の役目を終える日が近づいています。

 

category: 北海道

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: 石勝線  夕張支線 
Posted on 2016/10/10 Mon. 17:13  edit  |  tb: 0   cm: 0  

夕張駅 2016  (石勝線夕張支線:夕張駅) 



2016.09.18 JR石勝線夕張支線 夕張駅

 2016年の秋、夕張を初めて訪れました。
 
 石炭産業で栄えた記憶留めるような遺構もほとんどなく
 トンガリ屋根の駅舎と立派なホテルがあるのみでした。

 夕張駅に到着する列車は1日で5本
 
 時代に取り残されたローカル線を数多く見てきましたが、
 なんとも言えない 「居心地の悪さ」 を感じてしまいました。

  

category: 北海道

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: 石勝線 
Posted on 2016/10/09 Sun. 20:27  edit  |  tb: 0   cm: 0  

夕暮れ遠く (留萌本線:瀬越-留萌) 



2016.09.19 JR留萌本線 瀬越-留萌

 暑寒別岳を主峰とする増毛山地に夕闇が迫ってきて
 列車たちはこれから、夜の務めに入ります。
 
 「鉄道が廃線となると地域が衰える」、と言われていますが
 北海道においては、そうでもないらしい結果も出ているそうです。

 廃止対象沿線の増毛町や留萌市に、
 これからも幸多くありますように。 

category: 北海道

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: 留萌本線 
Posted on 2016/10/04 Tue. 19:53  edit  |  tb: 0   cm: 2  

いわし雲 (留萌本線:箸別-増毛) 



2016.09.19 JR留萌本線 箸別-増毛

 北海道を遠く離れた台風の影響でしょうか
 モコモコとした「いわし雲」が現れました。

 今回の台風は、北海道には直接影響なさそうですが
 先の台風10号により、十勝地方に甚大な被害を受けました。

 被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げると共に 
 早期の復旧・復興を願って止みません。

category: 北海道

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 留萌本線 
Posted on 2016/10/03 Mon. 21:04  edit  |  tb: 0   cm: 0  

親子の休日 (留萌本線:箸別-増毛) 



2016.09.19 JR留萌本線 箸別-増毛

 増毛港から延びる堤防の上は、魚釣りのよいポイントの様で
 何組もの釣り人たちが、釣り糸を垂れていました。

 親子連れの女の子にとって、対岸を走る列車は時計代わりでしょうか

  「まだ釣れないの もう帰ろうよ~」

 なんて会話が聞こえてきそうな、秋の休日でした。

category: 北海道

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 留萌本線 
Posted on 2016/10/02 Sun. 13:48  edit  |  tb: 0   cm: 0  

時代の流れに (留萌本線:増毛駅)  



2016.09.19 JR留萌本線 増毛駅

 2016年12月に廃止が決定している留萌-増毛間

 鰊を満載した貨物列車が廃止になったのは、もう40年前のこと
 末端部分とはいえ、「本線」の一部が廃止になるのは寂しい限りですが
 時代の流れにはいかんともし難い事でしょう。 

 丘の上の灯台は、鉄道よりも30年昔の明治23年に建てられて、
 今も現役で活躍しています。
 鉄道がなくなっても、増毛の海と街を照らし続けてもらいたいと思います。

 

category: 北海道

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: 留萌本線 
Posted on 2016/10/01 Sat. 17:10  edit  |  tb: 0   cm: 0