11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

歳末の風景 



2012.12.29 JR 御徒町-上野

 年の瀬も押し迫ったアメ屋横丁は、たくさんの人でごった返していました。
 威勢のよい掛け声の下、お客さんの財布も緩みがちです、
 来年も良い年になりますように。

------------------------------------------------
・撮影地点:http://yahoo.jp/ns2V-i
・ワンポイント
 アメ屋横丁での撮影です。

category: 関東

thread: 鉄道写真

janre: 写真

Posted on 2012/12/31 Mon. 18:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

行ってきます! 



2012.12.29 JR東北本線 上野駅

 寝台特急カシオペアが出発する上野駅13番ホーム。
 これから乗車されるご家族連れをにカメラを向けると
 お父さんとお揃いコートを着たチビちゃんが元気よく敬礼をしてくれました。
 家族みんなで想い出に残る楽しい旅になりますように。

------------------------------------------------
・撮影地点:
・ワンポイント
 上野駅13番ホームでの撮影です。

category: 関東

thread: 鉄道写真

janre: 写真

Posted on 2012/12/30 Sun. 18:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

歌碑の前にて 



2012.12.29 JR東北本線 上野駅

 上野駅15番線の車止め前に石川啄木の歌碑が立っています。
 日ごろは素通りしてしまうこの歌碑の前ですが、
 帰省のシーズンなると足を止めてしまいます。
 上野始発の長距離列車の本数もすっかり少なくなりましたが、
 今年もたくさんの人たちの笑顔を乗せて、
 ふるさと行きの列車が発車していきます。

------------------------------------------------
・撮影地点:
・ワンポイント
 上野駅15番線ホームでの撮影です。

category: 関東

thread: 鉄道写真

janre: 写真

Posted on 2012/12/29 Sat. 21:34  edit  |  tb: 0   cm: 0  

3段寝台の車内 



2011.12.27 JR東海道本線 大阪駅

 大阪発の古い3段寝台の夜行列車に乗り込みと、
 若者が他の乗客を通す為に、ベットの梯子に登っている光景に出会いました。
 すっかり忘れていましたが昔は通路もベットも狭かったのですね、
 日本がまだイケイケだった頃の「日常」に出会えて気がしましまた

------------------------------------------------
・撮影地点:
・ワンポイント
 大阪駅に停車中の急行「きたぐに」での撮影です。

category: 近畿

thread: 鉄道写真

janre: 写真

Posted on 2012/12/28 Fri. 18:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

旅立ちの序章 



2011.12.27 JR東海道本線 大阪駅

 寝台列車に乗車する為に訪れた大阪駅のホームの上には案内板には
 列車名が上下2段に並んで表示されていました。
 今では寝台車が連結されている定期列車は、全国で僅か5往復と寂しくなりましたが
 全盛期を思い出させる光景に思わず頬が緩みました。
 
------------------------------------------------
・撮影地点:
・ワンポイント
 大阪駅11番線での撮影です。

category: 近畿

thread: 鉄道写真

janre: 写真

Posted on 2012/12/27 Thu. 19:10  edit  |  tb: 0   cm: 0  

浅間山の勇姿 



2012.12.23 JR小海線 太田部-龍岡城

 浅間山のような独立峰を被写体にする場合、
 山頂までの距離がある程度取れる方が山容全体を綺麗に撮影できます。
 この撮影地点から浅間山山頂までは約20km、
 雪を戴いた活火山の勇姿を納めることができました。

------------------------------------------------
・撮影地点:http://yahoo.jp/pGXk6j
・ワンポイント
 中込駅から県道2号線を小海方向へ進み、
 左手に木々が茂った丘(離山)が見えたら次の信号を左折。
 QBB工場の横を抜けて踏切の先付近からの撮影です。

category: 甲信越

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: 小海線 
Posted on 2012/12/26 Wed. 18:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

冬至の頃 



2012.12.23 JR小海線 龍岡城-太田部

 八ヶ岳の眺望は中央線沿線や小海線南部からが有名ですが、
 空気が澄んだ日は佐久盆地からも見事な姿を見ることができます。
 冷え込んだ冬至前後の朝、遅く目覚めた冬の太陽が
 八ヶ岳と小諸行きの列車を照らし始めました。

------------------------------------------------
・撮影地点:http://yahoo.jp/pGXk6j
・ワンポイント
 中込駅から県道2号線を小海方向へ進み、
 左手に木々が茂った丘(離山)が見えたら次の信号を左折。
 QBB工場の横を抜けて踏切の先付近からの撮影です。

category: 甲信越

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: 小海線 
Posted on 2012/12/25 Tue. 18:30  edit  |  tb: 0   cm: 0  

薪の香り 



2012.12.23 JR小海線 高岩-八千穂

 撮影場所を探していると薪を積んだ納屋が目に留まりました。
 辺りにはほんのりと薪を燃やす香りが漂っています、
 石油でもガズでもない自然な香りに、少し暖かな気持ちになりました。

------------------------------------------------
・撮影地点 http://yahoo.jp/l_d30D
・ワンポイント
 高岩駅北側の踏切付近での撮影です

category: 甲信越

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: 小海線 
Posted on 2012/12/24 Mon. 18:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

宵の明星 



2012.1.09 JR八高線 明覚-越生

 関東地方の冬は空気が乾燥して風が強い為に、空気が澄んでいます。
 西の空に陽が沈むと、その上の空に金星が現れてきました。
 地上では流れ星のような光跡を残して普通列車が通過していきます、
 天空と地上での光の競演を見ることができた冬の夕暮でした。

category: 関東

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: 八高線 
Posted on 2012/12/23 Sun. 18:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

「最果て」の原野 



2012.1.09 JR八高線 明覚-越生

 一面の枯れ草に覆われた最果ての原野にディーゼルの排気音が響く・・・・
 と思いきや、ここは関東平野の八高線沿線です。
 撮影で気に入った場所には勝手に名前を付けて呼んでいますが、
 ここは「最果て」ポイント、身近に訪問できる北海道と言ったところでしょうか。

category: 関東

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: 八高線 
Posted on 2012/12/22 Sat. 18:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

蛍光灯が照らす夜 



2012.1.08 JR小海線 美里駅

 すっかり日が落ちた駅で列車を待っていると
 キハE200形ハイブリッド気動車が入線してきました。
 最新鋭の車両の室内灯はもちろん蛍光灯、ホームの明かりの蛍光灯が主役です。
 「やっぱり裸電球と白熱灯がいいな」、などと無理な注文ですね。

------------------------------------------------
・撮影地点 http://yahoo.jp/zyqAES
・ワンポイント
 美里駅南側の陸橋上からの撮影です。

category: 甲信越

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: 小海線 
Posted on 2012/12/21 Fri. 18:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

薄化粧の浅間山 



2012.1.08 JR小海線 中佐都-美里

 山頂付近に雪を乗せた浅間山を冬の夕陽が照らしています。
 見るからに軽そうな雪は、山頂付近の強風に飛ばされて
 山腹の部分だけが残っていました。
 これからの厳しい冷え込みと共に、本格的な雪化粧が始まります。

------------------------------------------------
・撮影地点 http://yahoo.jp/94JVOB
・ワンポイント
 中佐都駅北側の踏切を西方向へ渡り、200mほど先を右折、
 「ケアハウス佐久だいら」手前の神社付近がポイントです。

category: 甲信越

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: 小海線 
Posted on 2012/12/20 Thu. 18:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

雨上がりの夜 



1979.12.31 山陰本線 東萩駅

 「弁当忘れても傘忘れるな」という格言がある山陰地方、
 日本海からの季節風が吹きつけるこの時期は、ぐずぐずとした天気が続きます。
 午前5時より走り続けた831列車も夜に入ると冷たい雨も上がっていました、
 終点門司までは残り3時間余り、疲れはあるものの名残惜しくもありました。

category: ◆追憶の日々

thread: 鉄道写真

janre: 写真

Posted on 2012/12/19 Wed. 18:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

824列車と831列車 



1979.12.31 山陰本線 田儀駅

 1979年当時、走行距離で日本1位と2位の誇る長距離普通列車が、田儀駅で交換していました。
 1位の 824列車 は、門司-福知山間 595.1km を約18時間半、
 2位の 831列車 は、豊岡-門司間  535.2km を約18時間で掛けて走破するという
 スケールの大きな列車に魅せられて、 824列車は2回・831列車は1回、始発から終点まで完乗しました。
 1979年の冬、その831列車に乗車し山陰路を旧型客車に揺られて8時間半、
 2本の長距離普通列車が出会う瞬間の不思議な感動を今でも思い出します。

category: ◆追憶の日々

thread: 鉄道写真

janre: 写真

Posted on 2012/12/18 Tue. 18:00  edit  |  tb: 0   cm: 2  

行商の女性達 



1979.12.30 境港線 

 今ではすっかり見かけなくなりましたが、
 漁港がある路線では行商の方々が良く乗車されていました。
 港に揚がった海産物を周辺の街まで売りに行くのですが、
 皆さんお得意先を持っていて、それぞれの駅へ降り立っていきます。
 朝早くから重たい大きな箱を幾つも重ね、列車を乗り降りする女性の姿に
 改めて畏敬の念を抱きました。

------------------------------------------------
・撮影地点 
・ワンポイント
 境港線列車内での撮影です。

category: ◆追憶の日々

thread: 鉄道写真

janre: 写真

Posted on 2012/12/17 Mon. 18:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

夜行列車を降りて 


1979.12.30 山陰本線 来待駅

 昭和50年代には全国各地に夜行列車がまだまだ残っていました。
 眠い目を擦りながら列車を降りたった山陰の小さな駅では
 ホームを照らす電燈と駅名標の灯りがぼんやりとホームを照らしていました。
 まだ覚めやらぬ冬の朝が静かに始まろうとしています。

category: ◆追憶の日々

thread: 鉄道写真

janre: 写真

Posted on 2012/12/16 Sun. 19:20  edit  |  tb: 0   cm: 0  

坂道の情景 



2012.11.25 JR山陽本線 尾道-東尾道

 海岸沿いに開けた尾道の街は、山陽本線のすぐ北側に山が迫っていて
 山の上の寺院や住宅に通じる坂道をいくつも見ることができます。
 その坂道の両脇を、赤く色付いた葉と青色のEF210型が彩りを添えてくれました。

------------------------------------------------
・撮影地点 http://yahoo.jp/kyz4Qe
・ワンポイント
 尾道駅から国道2号線を東へ進み、歩道橋の先の踏切がポイントです。
 国道を挟んだ撮影になるので、クルマが切れるかどうか運次第です。

category: 中国・四国

thread: 鉄道写真

janre: 写真

Posted on 2012/12/15 Sat. 19:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

文学のこみち 



2012.11.25 JR山陽本線 尾道-東尾道

 「海が見えた 海が見える 五年振りに見る尾道の海はなつかしい」
 有名な林芙美子の放浪記のこの一節が、「文学のこみち」の石碑に刻まれています。
 文学にはあまり縁はないのですが、ここから見下す尾道の街はやはり素敵でした、
 岩場に茂る松の間からチラリと見える列車の姿も、また素敵でした。

------------------------------------------------
・撮影地点 http://yahoo.jp/ncU0EL
・ワンポイント
 ロープウエイ山頂駅を出た所から文学の小道を下ります。
 ※著名な歌人・文人達の歌碑が全部で25程あります。

category: 中国・四国

thread: 鉄道写真

janre: 写真

Posted on 2012/12/14 Fri. 19:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

尾道の印象 



2012.11.25 JR山陽本線 東尾道-尾道

 尾道には寺社仏閣の多いことに驚きますが、これらは飛鳥時代から交易を通じ
 富を得た豪商達により寄進造営されたそうです。
 まさに瀬戸内の要衝といったところでしょうか。
 その尾道市街地を回り込み、天寧寺の三重塔と千光寺山ロープウェー山麓駅の傍を抜けて
 黄色い115系の普通列車が尾道駅へ向って行きました。
 
------------------------------------------------
・撮影地点 http://yahoo.jp/y37oZG
・ワンポイント
 国道2号線の千光寺下踏切を渡って真っ直ぐ登っていくと左手に公園があります。
 そのからの撮影です。

category: 中国・四国

thread: 鉄道写真

janre: 写真

Posted on 2012/12/13 Thu. 19:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

「でんのすけ」がゆく 



2012.11.24 高松琴平電気鉄道 琴平線 円座-一宮

 車両の車体全面を広告媒体にするラッピング車両は今や全国各地で見られるようになりましたが、
 ここ、琴電では四電エナジーサービス(株)のキャラクター「でんのすけ」が
 ラッピング車両として運行されています。
 この「でんのすけ」、のほほんとした「ゆるさ」がなかなな秀逸で、楽しませてもらいました。

------------------------------------------------
・撮影地点 http://yahoo.jp/wn2k0I
・ワンポイント
 県道12号線香東大橋東詰めを南方向へ
 円座公園を過ぎ、琴平線のガードをくぐった先からの撮影です。

category: 中国・四国

thread: 鉄道写真

janre: 写真

Posted on 2012/12/12 Wed. 19:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

路地裏を行く 



2012.11.24 高松琴平電気鉄道 琴平線 高松築港-片原町

 駅まで徒歩で移動中に警報機の音で近くに線路があることに気が付きました、
 路地を覗き込んでみると趣きのある町屋の先を「ことでん」がゆっくり通過して行きます。
 高松市は市街地のLRT導入を検討しているようですが、どうなるのでしょうか。
 いずれにせよ、経営に合理性があり、利用者が使いやすい仕組みを期待したいものです。

------------------------------------------------
・撮影地点 http://yahoo.jp/G8UZ03
・ワンポイント
 瀬戸大橋通りとフェリー通りの交差点そばの路地での撮影です。

category: 中国・四国

thread: 鉄道写真

janre: 写真

Posted on 2012/12/11 Tue. 19:00  edit  |  tb: 0   cm: 2  

金刀比羅宮へようこそ 



2012.11.24 高松琴平電気鉄道 琴平線 琴電琴平駅

 戦前の鉄道需要の柱のひとつに大きな神社への「参拝客輸送」があります。
 琴平線は金刀比羅宮参詣路線として1926年(大正15年)琴平電鉄により敷設され、
 多くの参拝客を運んできました。
 近年はに参拝者の多くが観光バスや自家用車に移りましたが、
 琴電琴平駅の小さなそしてセンスの良い駅舎は健在です。
 到着する列車を待つ女性駅員から「金刀比羅宮へようこそ」という
 声が聞こえてくるようです。

------------------------------------------------
・撮影地点 http://yahoo.jp/9-5CFG
・ワンポイント
 琴電琴平駅構内での撮影です。

category: 中国・四国

thread: 鉄道写真

janre: 写真

Posted on 2012/12/10 Mon. 19:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

安芸の海辺を行く 



2012.11.25 JR呉線 安芸幸崎-忠海

 忠海を出た列車は安芸幸崎に向けて海沿いを走りますが
 この区間は途中まで並走する道路が無く、海と線路だけの区間になります。
 遠くに大三島を望みながら、色付いた木々と瀬戸内海の僅かな隙間を
 105系の普通列車が車体を白く光らせて走って行きました。

------------------------------------------------
・撮影地点 http://yahoo.jp/N9kUJF
・ワンポイント
 忠海駅から国道185号線を三原方面へ進み、200mほど先の興亜橋を渡り右折
 踏切を渡り、突当り右手の堤防からの撮影です。

category: 中国・四国

thread: 鉄道写真

janre: 写真

Posted on 2012/12/09 Sun. 19:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

小さな港町の歴史 



2012.11.25 JR呉線 安芸幸崎-忠海

 三原市と竹原の中間に位置する忠海(ただのうみ)は、
 平清盛の父である平忠盛が海賊討伐の功績より拝領した事に由来するといいます。
 その後、瀬戸内海の海運業によって発展して行った街は
 皮肉にも鉄道の開通により衰退してしまうことになりますが
 青い空と碧い海が、明るい表情で迎えてくれました。
 小さな港町の歴史に思いを馳せながら列車を待つ晩秋の午後です。

------------------------------------------------
・撮影地点 http://yahoo.jp/TBpC47
・ワンポイント
 忠海駅から国道185号線を三原方面へ進み、200mほど先の興亜橋手前を右折
 踏切を渡った付近がポイントです。

category: 中国・四国

thread: 鉄道写真

janre: 写真

Posted on 2012/12/08 Sat. 19:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

沼田川橋梁 



2012.11.25 JR呉線 三原-須波

 かつては東京と広島を結んだ12両編成の寝台急行「あき」が渡った沼田川橋梁を
 短い編成の105系が駆けていきます。
 いまではビルも目立つようになった名撮影地ですが、
 潮の香りは昔のままなのでしょうか。

------------------------------------------------
・撮影地点 http://yahoo.jp/RGVnCy
・ワンポイント
 国道185号線の三原大橋を竹原方面へ渡り、三原大橋南詰を左折。
 直進して呉線をアンダーパスする手前付近がポイントです。

category: 中国・四国

thread: 鉄道写真

janre: 写真

Posted on 2012/12/07 Fri. 19:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

踏切詰所にて 



2012.11.23 柵原ふれあい鉱山公園

 最近はめっきり見かけなくなりましたが、昔は大きな踏切には詰所があり、
 踏切警手がハンドルをぐるぐる回して遮断機を上下させていました。
 列車の運行が「人」によって支えられていた時代に比べ、
 安全面では大きな進歩して来ましたが、
 現代でも、事故を起こさないという「人」の意識が鉄道を支えていると思います。

------------------------------------------------
・撮影地点 http://yahoo.jp/1-Dyp8
・ワンポイント
 柵原ふれあい鉱山公園内での撮影です。

category: ◆遺構・展示

thread: 鉄道写真

janre: 写真

Posted on 2012/12/06 Thu. 19:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

電燈の灯る頃 



2012.11.23 柵原ふれあい鉱山公園

 電燈といえばみんな白熱灯だったあの頃、
 黄色がかった暖かな光が辺りを照らしだすと
 ひとり、またひとりと家路について行きます。
 そんな夕暮れ時、駅舎は静かに乗客を見守っていました。

------------------------------------------------
・撮影地点 http://yahoo.jp/1-Dyp8
・ワンポイント
 柵原ふれあい鉱山公園内での撮影です。

category: ◆遺構・展示

thread: 鉄道写真

janre: 写真

Posted on 2012/12/05 Wed. 19:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

時を越えて 



2012.11.23 柵原ふれあい鉱山公園

 岡山県柵原鉱山からの鉱石輸送の為に敷設された同和鉱業片上鉄道は
 1991年(平成3年)7月をもって全線廃止となりましたが、
 片上鉄道保存会の手で「柵原(やなはら)ふれあい鉱山公園」で、
 動態保存活動が行われています。
 公園内に足を踏み入れるとまさに圧巻、昭和30年代の姿が目に飛び込んできます。
 保存会の皆様の熱意や努力に、本当に頭が下がる思いです。

------------------------------------------------
・撮影地点 http://yahoo.jp/1-Dyp8
・ワンポイント
 柵原ふれあい鉱山公園内での撮影です。

category: ◆遺構・展示

thread: 鉄道写真

janre: 写真

Posted on 2012/12/04 Tue. 19:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

南天の赤い実 



2012.11.23 JR因美線 美作滝尾駅

 因美線の古い駅舎を巡っていると、南天の赤い実を良く見かけます。
 何故植えられているかはよく判らないのですが、
 南天は、"難を転ずる"として、魔よけとして使われることから
 安全運行への思いとして、鉄道マンが植えたのでしょうか。
 その思いがそっと伝わって来るような気がします。

category: 中国・四国

thread: 鉄道写真

janre: 写真

Posted on 2012/12/03 Mon. 19:00  edit  |  tb: 0   cm: 0  

優しい光を受けて 



2012.11.23 JR因美線 知和駅

 因美線には古い木造駅舎がたくさん残っていますが、
 ここ知和駅にも昭和6年の因美線開業当事に建てられた駅舎が残っています。
 無人駅となった今でも ホームの植栽や待合室もよく手入れされていて、
 地元の方々の愛情が感じられます。
 鉄道が地域輸送の主役の座から降り、陽が当たらなくなった小さな駅ですが、
 優しい光が差し込んでいました。

category: 中国・四国

thread: 鉄道写真

janre: 写真

Posted on 2012/12/02 Sun. 18:00  edit  |  tb: 0   cm: 0