01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

雪を蹴散らす (秋田内陸縦貫鉄道) 



2018.2.12 秋田内陸縦貫鉄道 阿仁マタギ-戸沢

 比立内から奥阿仁方面へ向かうと
 大粒の雪が強く降って着ました。

 線路沿いの木立ちも霞むような雪景色は
 この地方が豪雪地帯であることの証。

 その一面白く煙る世界の中を
 内陸線の列車が雪を蹴散らしながらやって来ました。

 厳しい自然と闘う小さな車両の姿は、
 鉄路の運行に関わるすべての方々の姿なのかも知れません。
 

category: 東北

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 秋田内陸縦貫鉄道 
Posted on 2018/02/21 Wed. 23:56  edit  |  tb: 0   cm: 0  

大又川橋梁 (秋田内陸縦貫鉄道) 



2018.2.12 秋田内陸縦貫鉄道 萱草-笑内

 内陸線のポスターなどによく使用されている「大又川橋梁」は
 赤い橋脚が雪景色に映える沿線屈指の絶景ポイントです。

 本日の列車は、大サービスの2両編成
 乗客に楽しんでもらうよう、ゆっくりと通過していきます。
 
 雪を纏った針葉樹と広葉樹、
 眼下に流れる阿仁川の景色が
 観光客の眼を楽しませていることでしょう。

category: 東北

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 秋田内陸縦貫鉄道 
Posted on 2018/02/17 Sat. 00:12  edit  |  tb: 0   cm: 0  

粉雪舞う (秋田内陸縦貫鉄道) 



2018.2.12 秋田内陸縦貫鉄道 松葉-羽後長戸呂

 粉雪舞う中、内陸線の列車がやって来ました。

 北陸地方を中心とした大雪は
 ここ秋田でも断続的に降りしきります。

 雪と闘う寡黙な列車に
 健闘を称えたいと思います。

category: 東北

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 秋田内陸縦貫鉄道 
Posted on 2018/02/13 Tue. 23:34  edit  |  tb: 0   cm: 0  

雪雲来襲 (津軽鉄道) 



2012.2.26 津軽鉄道 津軽飯詰-五農校前

 つい先程まで晴れていた青空が
 みるみるうちに黒い雲に覆われて行きます。

 北国の冬は天候が変わりやすいと言われますが
 日本海からの風が吹き抜ける津軽半島では
 それがなお一層顕著な様子。

 荒れた天候も津軽の証
 厳しい冬がまだまだ続きます。  

category: 東北

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: 津軽鉄道 
Posted on 2018/02/08 Thu. 23:09  edit  |  tb: 0   cm: 0  

雪中行軍 (津軽鉄道) 



2012.2.26 津軽鉄道 津軽飯詰-毘沙門

 首都圏では今年2回目の雪が降りましたが、
 北国での降雪は毎日のこと。
 この日のストーブ列車も定刻より40分遅れて
 林の影から現れました。

 降りしきる雪をスノープラウで掻き分けて
 力走する列車には
 厳しい自然と対峙する強さと覚悟を感じます。
 

category: 東北

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 津軽鉄道 
Posted on 2018/02/03 Sat. 18:11  edit  |  tb: 0   cm: 0  

粉雪の中へ (津軽鉄道) 



2012.2.26 津軽鉄道 毘沙門-嘉瀬

 今年は全国的に強い寒気が流れ込んで
 都心でも大雪となるような寒い日が続いています。
 
 鉄道運行の障害となる大雪も 
 雪国の鉄道はそれも当たり前

 雪降り中、終点の津軽中里に向けて
 降りしきる粉雪の中へ列車が消えていきました。
 

category: 東北

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 津軽鉄道 
Posted on 2018/01/29 Mon. 23:12  edit  |  tb: 0   cm: 0  

冬の陽光 (小海線) 



2018.1.07 JR小海線 佐久海ノ口-佐久広瀬

 屋外で撮影を行う鉄道写真ですが、
 気象条件が厳しい冬や夏での撮影では
 自然の厳しさを感じることが多々あります。
 
 この日、明け方には氷点下10℃以下まで冷え込んだこの場所も
 午後には暖かな日差しが降り注ぎ、
 緩やかな空気に変わっていたました。

 寒さが厳しいほど、陽の光のありがたさが身にしみる
 冬の午後です。 

category: 甲信越

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 小海線 
Posted on 2018/01/22 Mon. 20:39  edit  |  tb: 0   cm: 0  

高原を行く (小海線) 



2018.1.07 JR小海線 野辺山-信濃川上

 JRで最も標高の高いところを走る小海線
 高原列車としても人気の路線です。

 中でも野辺山周辺は
 最もそれらしい雰囲気を持つところ

 冬晴れの青空に 雪を頂いた八ヶ岳
 冬の澄んだ空気にレールのジョイント音が響きます。

category: 甲信越

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 小海線 
Posted on 2018/01/18 Thu. 23:13  edit  |  tb: 0   cm: 2  

冬木立 (小海線) 



2018.1.07 JR小海線 佐久広瀬-信濃川上

 青々とした若葉の木立ちも美しいですが、
 葉を落とした冬の姿もまた魅力的です。

 ここは千曲川の上流部
 狭い谷間の後ろには、冬木立のアートが広がります。

 絵画を鑑賞するように ゆっくりとやって来た列車が 
 エンジン音を響かせて
 凛とした空気を震わせていました。
 

category: 甲信越

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 小海線 
Posted on 2018/01/13 Sat. 22:16  edit  |  tb: 0   cm: 2  

雲を見下ろす (小海線) 



2018.1.07 JR小海線 太田部-龍岡城

 浅間山の山麓に広がる佐久盆地

 冬の朝には冷たい空気が底に溜まり
 逆転層が出現します。
 
 雲の上には朝陽を浴びた浅間山
 街の朝日が届くまで、もうしばらく掛かりそうです。

category: 甲信越

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 小海線 
Posted on 2018/01/09 Tue. 22:20  edit  |  tb: 0   cm: 0