fc2ブログ
09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

小さな港の夕暮 (名鉄蒲郡線)  



2020.11.15 名古屋鉄道蒲郡線 東幡豆-こどもの国

  「秋の陽は釣瓶落とし」と言われるように
 太陽が傾きだしたかと思うと、あっと言う間に日が暮れていきます。

 時刻は夕方五時前、築堤の上に明かりを灯した電車が
 ほのかに黄色く照らされた漁船や家々を見下ろして
 ガタゴトとやってきました。
 
 波穏やかな三河湾、小さな港の1日が、
 静かに終わろうとしています。

category: -東海・北陸各線

thread: 風景写真

janre: 写真

tag: 名鉄蒲郡線 
Posted on 2020/12/26 Sat. 23:44  edit  |  tb: 0   cm: 4  

赤い電車 (名鉄蒲郡線) 



2020.11.15 名古屋鉄道蒲郡線 西浦-こどもの国

 愛知県の東部に三河湾を望みながら走るローカル線があります。
 
  名古屋鉄道蒲郡線
 
 子供のころに初めて見た「赤い電車」が、この蒲郡線でした。
 ギラギラと輝く夏の太陽の下、碧い海に映えた真っ赤な車体を
 今でも鮮明に思い出されます。

 昨今は、廃線の噂も聞こえてきますが
 とりあえず、2025年までの存続は決定した模様。
 風光明媚な路線でもあり、また思いで深い路線でもありますので、
 是非存続してほしいと願っております。

category: -東海・北陸各線

thread: 風景写真

janre: 写真

tag: 名鉄蒲郡線 
Posted on 2020/12/21 Mon. 22:31  edit  |  tb: 0   cm: 0  

Street Legend (天竜浜名湖鉄道)  



2020.11.15 天竜浜名湖鉄道 寸座駅

 昨今の鉄道車両には、車体に様々なデザインを施した
 「ラッピング車」が各地で走っていますが、
 天浜線が走る遠江地方では、SUZUKI・HONDA・YAMAHAなど
 BIKEをモチーフとしたラッピング車が運行されています。
 
 中でも秀逸なのが、1981年の登場後世界を席巻し、
 2019年に新型が発表された SUZUKI のバイク
  「KATANA」をモチーフとしたラッピング車両。
 
 2019年にリニュアルされた「KATANA」のデザイン自体も素敵ですが、
 車体に描かれたラッピングもまた素晴らしい出来栄え。
 長い休眠を経て、20世紀の Street Legend が復活しました。

category: 天竜浜名湖鉄道

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: 天竜浜名湖鉄道 
Posted on 2020/12/16 Wed. 21:10  edit  |  tb: 0   cm: 2  

Jonathan (天竜浜名湖鉄道)  



2020.11.15 天竜浜名湖鉄道 寸座-西気賀

 波が静かで温暖な浜名湖は、マリンスポーツも盛ん
 湖畔のあちこちにマリーナを見かけますが、
 寸座駅の近くには、マリンショップの「ジョナサン」があります。

 紺色の店舗の裏にはボートやヨットがずらりと並んでおり
 艇の係留はもちろんの事、ボートやヨット販売の他に
 レンタルも行っているようです。

 ボートを借りて、湖上からの天浜線撮影、
 いつかチャレンジしてみたいです。

category: 天竜浜名湖鉄道

thread: 風景写真

janre: 写真

tag: 天竜浜名湖鉄道 
Posted on 2020/12/11 Fri. 20:37  edit  |  tb: 0   cm: 0  

蜜柑のある風景  (天竜浜名湖鉄道)  



2020.11.15 天竜浜名湖鉄道 尾奈-知波田

 晩秋から冬にかけて、こたつやテーブルの上で
 よく見かける果物と言えば、やはり「みかん」でしょうか。
 
 温暖で南斜面の丘陵地を持つ浜名湖沿岸の三ケ日は
 みかん栽培に適した条件を生かし、
 「三ケ日みかん」のブランドで全国に出荷されています。

 訪れた11月中旬は早生品種の収穫が真っ盛り、
 直売所で購入した蜜柑を美味しく戴きました。
 

category: 天竜浜名湖鉄道

thread: 風景写真

janre: 写真

tag: 天竜浜名湖鉄道 
Posted on 2020/12/06 Sun. 22:13  edit  |  tb: 0   cm: 2  

木守柿 (大井川鐵道)  



2020.11.14 大井川鐵道 抜里-家山

 線路脇に収穫を終えたであろう柿の木に、
 少しだけ柿の実が残っていました。
 
 たくさんの実を与えてくれた木への労いと
 冬を越す鳥たちへのおすそ分けでしょうか、
 来年もよく実るようにとの祈りを感じられます。

 秋風が去った川根路は、冬の訪れを待つばかりです。

category: 大井川鐵道

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 大井川鐵道 
Posted on 2020/12/01 Tue. 21:55  edit  |  tb: 0   cm: 0  

関の沢橋梁 (大井川鐵道)  



2020.11.14 大井川鐵道 井川線 尾盛-閑蔵

 大井川水系のダム建設のために作られた井川線
 深い谷を縫うように敷かれた路線には
 日本でもっとも高い鉄道橋「関の沢橋梁」があります。

 川底からの高さは70.8m
 廃線となった高千穂鉄道の「高千穂橋梁」は
 105メートルの高さがありましたが、
 急峻な渓谷の中に架けられた「関の沢橋梁」の方が
 迫力を感じました。

 色づいた渓谷の大自然を楽しむように
 奥大井の観光列車がゆっくりと渡っていきます。

category: 大井川鐵道

thread: 風景写真

janre: 写真

tag: 大井川鐵道 
Posted on 2020/11/26 Thu. 23:31  edit  |  tb: 0   cm: 0  

秋麗 (大井川鐵道) 



2020.11.14 大井川鐵道 青部-崎平

 暖かい日が続いた今年の11月ですが
 大井川の川岸の木々は川面を渡る冷気によって
 赤や黄色に色づいていました。

 鉄橋を渡る蒸気機関車には勇壮な煙はありませんが
 その分長閑さを演出してくれます。

 小さなロコにうららかな秋の陽が降りそそぎ
 ゆっくりとした時間が流れていました。

category: 大井川鐵道

thread: 風景写真

janre: 写真

tag: 大井川鐵道 
Posted on 2020/11/21 Sat. 22:10  edit  |  tb: 0   cm: 0  

想いを馳せる (三岐鉄道北勢線)  



2020.6.25 三岐鉄道北勢線 馬道駅

 馬道駅の西側にこんもりと盛り上がった小山があります。
 走井山公園と言って、今は桜の名所になっていますが
 戦国時代、ここには矢田城という城があった場所になります。

 矢田城は、織田信長の伊勢侵攻の際に落城すると、
 その後、長島一向一揆攻略の最前線基地として使用されたという、
 教科書にも記述されているレベルの戦に係わる城でした。

 当時の遺構は残っていませんが
 桜の時期に訪れて、想いを馳せるのもよいですね。
 

category: 三岐鉄道北勢線

thread: 風景写真

janre: 写真

tag: 三岐鉄道北勢線 
Posted on 2020/07/13 Mon. 23:42  edit  |  tb: 0   cm: 0  

大輪  (三岐鉄道北勢線)  



2020.6.25 三岐鉄道北勢線 馬道駅

 蒸し暑い梅雨の頃、爽やかな色合いで
 辺りを涼しげにしてくれる紫陽花の花

 馬道駅からお寺にに登る参道の途中に、
 サッカーボールほどの大きさの
 大輪の紫陽花を見つけました。

 ゴージャスな色の形に魅入られて
 階段下の黄色い電車は今回は脇役です。

category: 三岐鉄道北勢線

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 三岐鉄道北勢線 
Posted on 2020/07/08 Wed. 22:06  edit  |  tb: 0   cm: 0