FC2ブログ
07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

静かに見守る (只見線) 



2021.4.11 JR只見線 会津柳津

 会津柳津駅にて佇むC11244号機
 1973年まで只見線で活躍した機関車の横を
 ステンレス車体のE120系ディーゼルカーが発車していきます。

 最後の走行から約半世紀の間
 後輩たちを活躍を静かに見守ってきた古参のSLから
 新参のディーゼルカーには向けて

  「どうだ、頑張っているか」

 という声が聞こえてきそうな、春の柳津駅です。

category: 只見線

thread: 鉄道写真

janre: 写真

Posted on 2021/05/11 Tue. 21:48  edit  |  tb: 0   cm: 0  

変わらぬ姿 (只見線) 



2021.4.10 JR只見線 会津桧原-会津西方
 
 只見線の有名なビュースポットである只見川第一橋梁は
 鉄塔から見下ろす構図が有名ですが
 反対側の水際にも良いポイントがあります。

 この場所を訪れるのは10年ぶりになりますが
 只見川第一橋梁は昔のままの美しい姿を見せてくれました。

 周辺の山肌はまだ枯れ木のままで、まだ冬の装いです
 奥会津が新緑に覆われるのは5月に入ってからでしょう。
 

category: 只見線

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 只見線 
Posted on 2021/04/11 Sun. 23:36  edit  |  tb: 0   cm: 5  

早春賦 (大糸線) 



2021.2.21 JR大糸線 北小谷-平岩

 まだまだ寒い日はありますが
 暖かい陽ざしが現われるようになった2月下旬

 姫川に積もった雪も少しづつ融けて
 川の流れが拡がってきました。

 早春の訪れとともに
 雪に吸い込まれていた列車のジョイント音も
 心なしか大きくなったような気がします。

category: 大糸線

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 大糸線 
Posted on 2021/03/02 Tue. 22:12  edit  |  tb: 0   cm: 0  

八方尾根 (大糸線) 



2021.2.21 JR大糸線 信濃森上-信濃大池

 大糸線沿線にはスキー場がたくさん在りますが
 中でも有名なのは白馬八方尾根スキー場
 
 幾重にも広がる尾根に開かれたバリエーション豊かなコースは
 スキーヤー、スノーボーダーに人気で
 Winterシーズンには40万人を超える来場者を誇ります。

 下から眺めても雄大なゲレンデを見上げると
 久しぶりに滑りたくなりました。

category: 大糸線

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 大糸線 
Posted on 2021/02/25 Thu. 23:52  edit  |  tb: 0   cm: 2  

大自然の造形 (飯山線) 



2021.2.06 JR飯山線 上境-上桑名川

 大きく蛇行する千曲川と
 奥には白く連なる奥信濃の山々

 雪原には飯山線の列車がやってきましたが
 大自然の中では線路や車両などの人工物は
 ほんの小さなモノでしかないと感じさせます。
 
 雪深い奥信濃に創られた大自然の造形に
 畏敬の念を抱く冬の朝でした。

category: 飯山線

thread: 風景写真

janre: 写真

Posted on 2021/02/15 Mon. 22:04  edit  |  tb: 0   cm: 2  

霧深き朝 (飯山線) 



2021.2.06 JR飯山線 信濃平-戸狩野沢温泉

 飯山線の信濃平駅付近にある田園地帯
 冬の明け方、このあたり一帯は
 千曲川から発生する深い川霧で包まれます。

 霧の中で、目にすることができるのは
 昇ったばかりの淡い太陽と、雪の絨毯だけ

 目の前を通過するディーゼルカーは
 また霧の中へと静かに消えていきました。

category: 飯山線

thread: 風景写真

janre: 写真

tag: 飯山線 
Posted on 2021/02/10 Wed. 23:55  edit  |  tb: 0   cm: 0  

昇竜の如く (信越本線) 



2021.1.02 信越本線 磯部-松井田

 全国各地で復活SLが運転されている昨今ですが
 こと煙に関して言えば、JR系の鉄道会社が
 立派な煙を吐き出してくれるようです。

 本日のターゲットは、JR東日本のD51 498号機
 天にも届くような煙を吐ながら、驀進してきました。
 
 昨今の不安な世情もなんのその
 力強い煙のような1年にしたいを思います。
 

category: 信越本線

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: 信越本線 
Posted on 2021/01/06 Wed. 22:58  edit  |  tb: 0   cm: 0  

丘の上から (長野電鉄) 



2020.10.24 長野電鉄 夜間瀬-信濃竹原

高社山の斜面に広大に拡がるリンゴ畑から
夜間瀬川橋梁を狙ってみようと、丘に登ります。

しかし、リンゴの樹の背丈は思いのほか高く、
折り重なるような樹々の隙間から
赤と白の「スノーモンキー」を捕まえることが出来ました。

帰路ではSAにて「シナノスイート」5個入を450円で購入
美味しいリンゴを目当てに、来年も再訪したいと思います。

category: 長野電鉄

thread: 風景写真

janre: 写真

tag: 長野電鉄 
Posted on 2020/11/06 Fri. 21:43  edit  |  tb: 0   cm: 2  

第二の人生 (長野電鉄) 



2020.10.24 長野電鉄 夜間瀬-上条

 赤い実を付けたリンゴ畑の中から
 地下鉄日比谷線用で運用されていた
 元東京メトロ03系の「3000系」電車がやってきました。
 
 先頭車両の前面にはコーポ―レートカラーの赤色の帯が入り
 日比谷線時代と比べて、キリリと引き締まった印象になっています。
  
 大手私鉄や地下鉄で運用されていた車両が、
 地方鉄道で第二の人生を過ごすことが増えていますが
 この3000系も末永く活躍して貰いたいと思います。
 

category: 長野電鉄

thread: 風景写真

janre: 写真

tag: 長野電鉄 
Posted on 2020/11/01 Sun. 22:09  edit  |  tb: 0   cm: 2  

秋色到来 (長野電鉄) 



2020.10.24 長野電鉄 夜間瀬-上条

 長い長い秋雨のような不順な天候も終わり
 青空とともに実りの秋がやってきました。

 秋の代表的な果物の りんごの生産量では全国2位の長野県
 訪れたりんご畑では、たくさんの赤い大きな実に出会うことが出来ました。

 りんごをはじめ紅葉などの「赤色」は秋の色
 深まる秋に、おいしいリンゴが戴けそうです。 


category: 長野電鉄

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 長野電鉄 
Posted on 2020/10/27 Tue. 22:39  edit  |  tb: 0   cm: 2