FC2ブログ
07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

春から初夏へ (飯山線)  




2019.4.28 JR飯山線 替佐-蓮

 美しい姿を見せてくれた桜の花が散ると
 入れ替わるように桃の季節がやってきます。

 千曲川の先に列車の小さな姿を望む丘に登ると
 初夏の風が吹くいていました。

 春から初夏へと季節が移ってきます。

category: 甲信越

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 飯山線 
Posted on 2019/05/05 Sun. 22:33  edit  |  tb: 0   cm: 0  

淀みなき春 (飯山線) 



2019.4.29 JR飯山線 信濃白鳥-西大滝

 千曲川の雪解け水を集める西大滝ダム
 その沈砂池の両岸に桜並木があります。

 その滔滔とした水の流れは
 遥か21Km下流にある発電所まで送られ
 貴重な電力の供給源になっています。 

 その沈砂池を守るように佇む桜たちは
 雪国の遅い春を待ちわびた様に
 一斉に咲き誇っていました。 
 

category: 甲信越

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 飯山線 
Posted on 2019/04/30 Tue. 17:30  edit  |  tb: 0   cm: 1  

桜前線北上中 (上田電鉄)  



2018.4.13 上田電鉄別所線 八木沢駅

季節が進むに連れて
桜前線は少しづつ北上中ですが
信州の小駅にも到達したようです。

全国各地の名所も素敵ですが、
緑色に塗装された木造待合室に
薄紅色の桜の花達が映えた
素敵な春の昼下がりでした。

category: 甲信越

thread: 風景写真

janre: 写真

Posted on 2019/04/21 Sun. 02:24  edit  |  tb: 0   cm: 0  

模型のような (飯山線)  



2013.01.13 JR飯山線 上境-戸狩野沢温泉

 JR線の中でも豪雪で有名な飯山線
 雪の晴れ間に指す太陽の光は
 とても眩しくもあります。

 純白の雪と深い緑の針葉樹
 そして小さな家々達

 まるで鉄道模型のような風景が
 目の前に広がっていました。

category: 甲信越

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 飯山線 
Posted on 2019/01/22 Tue. 23:35  edit  |  tb: 0   cm: 0  

雪国の朝 (飯山線) 



2017.01.28 JR飯山線 蓮駅

 1m以上も積もった雪の中を
 2両編成の「通勤列車」がやってきました。

 朝のホームはこの駅から通勤・通学をする乗客のために
 綺麗に除雪されています。

 厳しい自然環境と優しい心遣い 
 いつもと違った朝の通勤風景が、そこにありました。

category: 甲信越

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 飯山線 
Posted on 2019/01/15 Tue. 22:50  edit  |  tb: 0   cm: 0  

雪雲の奥に (飯山線) 



2017.01.28 JR飯山線 信濃平-戸狩野沢温泉

 冬型の天気が長く続く奥信濃
 山裾まで降りていた分厚い雪雲が切れて、
 青空が少しのぞいていました。

 晴れ間が見えただけてホッとするような天候が続く
 春なお遠い奥信濃
 
 厳しい冬がまだまだ続きます。

category: 甲信越

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 飯山線 
Posted on 2019/01/08 Tue. 23:59  edit  |  tb: 0   cm: 0  

赤と緑 (小海線) 



2018.11.11 JR小海線 佐久海ノ口-佐久広瀬

 全国で鉄道写真を撮影していますが、
 その車両にはあまりこだわりなくて、
 何でも撮影対象にしています。

 紅葉が盛りになった小海線
 お気に入りの場所に現れたのは
 JR東日本非電化区間の主力車両
 キハ100・110系でした。

 見慣れた緑色の車体ですが
 赤く色づいたカラマツ林をバックにして
 少し自慢げに通り過ぎていきました。

category: 甲信越

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 小海線 
Posted on 2018/11/25 Sun. 15:44  edit  |  tb: 0   cm: 0  

黄金色の林 (小海線) 



2018.11.11 JR小海線 佐久広瀬-信濃川上

 「八ヶ岳高原線」の愛称を持つ小海線
 その名のとおり、標高1000m以上の高地を走行しています。

 一年を通じて冷涼な気候は、北海道とほぼ同じで
 木々の植生もよく似ているようです。

 沿線の中でも山深い甲信国境付近では
 11月になると黄金色に色づいたカラマツが
 観光列車を迎えてくれました。

 厳しい冬を迎える前の素敵な色彩が
 車窓を染めていることでしょう。

category: 甲信越

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 小海線 
Posted on 2018/11/18 Sun. 21:16  edit  |  tb: 0   cm: 2  

秋は山から降りてくる (只見線) 



2017.10.28 JR只見線 大白川-只見

 朝晩が冷え込むようになった今日この頃
 標高の高い峠越えの道から
 木々が色つきはじめます。

 猛暑や台風、大雨など
 多くの自然災害に見舞われたが今年の夏でしたが
 静かな季節が静かに訪れようとしています。

category: 甲信越

thread: 風景写真

janre: 写真

tag: 只見線 
Posted on 2018/10/21 Sun. 20:57  edit  |  tb: 0   cm: 2  

待ち遠しい (アルピコ交通) 



2015.09.21 アルピコ交通上高地線 新村-三溝

 今日は彼岸の中日になりました。

 本来ならば秋空の下、
 爽やかな風が吹き始める頃ですが
 毎日ぐずぐずした天気が続いています。

 秋晴れのスカッとした青空の下で
 撮影に望みたいものですね。
 

category: 甲信越

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: アルピコ交通 
Posted on 2018/09/23 Sun. 17:53  edit  |  tb: 0   cm: 0