FC2ブログ
08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

変わるもの・変わらないもの (只見線) 



2020.8.16 JR只見線 会津桧原-会津西方

 只見川第一橋梁を見下ろすポイントに来たのは
 6年ぶりになります。

 美しいアーチを描く橋梁と静かな川面は
 以前と変わらない素敵な姿を見せてくれまたが
 走る車両は国鉄型のキハ40系から
 新鋭のキハE120形に変わりました。

 変わるものと変わらないが同時に存在するところが
 鉄道写真の魅力の一つでしょうか。
 次回は景色が変わる冬に訪問したいと思います。

category: 東北

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 只見線 
Posted on 2020/08/28 Fri. 22:05  edit  |  tb: 0   cm: 2  

名山の麓で (磐越西線) 



2020.8.15 JR磐越西線 川桁-猪苗代

 福島県の名山として名高い磐梯山の麓に
 真夏の緑に溶け込むようなE721系電車が
 やってきました。
 
 各地で35℃を超える気温のニュースが流れる中で
 猪苗代の湖畔は、湖からの涼やかな風の影響でしょうか
 幾分涼しく感じられます。

 お盆を過ぎれば、少しでも涼しくなるといいですね。
 

category: 東北

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: 磐越西線 
Posted on 2020/08/23 Sun. 23:17  edit  |  tb: 0   cm: 6  

雪雲切れた (秋田内陸縦貫鉄道)  



2018.2.12 秋田内陸縦貫鉄道 小渕-前田南

 豪雪地帯の秋田内陸線沿線ですが
 撮影当日は朝から雪模様

 しかし、雪国の空は気まぐれで、
 列車が通過する10分前後だけ雪雲が切れて
 冬の太陽が顔を出しました。
 
 一瞬ではありましたが、
 陰鬱な冬の空から解放され
 眩い雪と青空とに出会う幸運を頂きました。

category: 東北

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 秋田内陸縦貫鉄道 
Posted on 2020/01/15 Wed. 22:34  edit  |  tb: 0   cm: 2  

今年の冬は (秋田内陸縦貫鉄道)  



2018.2.12 秋田内陸縦貫鉄道 小ヶ田-大野台

 今年は冬は強い風が吹く日は多いですが
 積雪は少ないそうです。

 降雪地帯の秋田内陸線沿線にお住いの方々は
 負担が少ない年越しになったのではないでしょうか。

 とはいえ、冬本番はこれから
 大きな雪害が無いことを祈っております。
 

category: 東北

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 秋田内陸縦貫鉄道 
Posted on 2020/01/10 Fri. 23:48  edit  |  tb: 0   cm: 0  

国境の峠 (田沢湖線) 



2018.2.12 田沢湖線 田沢湖-志度内信号場

 国境(くにざかい)の峠は、日本各地にありますが
 奥羽山脈上にある仙岩峠もそのひとつ

 古くは盛岡藩と久保田藩を隔てる厳しい要害であり
 戊辰戦争時には「秋田戦争」の舞台のひとつにもなりました。

 現在でも、2つの信号場と隋道が連続するこのあたりは
 携帯電話の電波も届きにくく、まさに北国の難所。

 雪景色の中、田沢湖駅を発車した秋田新幹線が
 山々に吸い込まれる様に、静かに走り去って行きます。

category: 東北

thread: 鉄道写真

janre: 写真

tag: 田沢湖線 
Posted on 2018/03/09 Fri. 18:54  edit  |  tb: 0   cm: 0  

北東北一途 (奥羽本線) 



2018.2.11 奥羽本線 石川-大鰐温泉

 降りだした雪の中をやって来た「特急つがる」
 2000年の特急「スーパーはつかり」として登場して以来18年間
 北東北の都市間を結ぶ特急として活躍しています。

 しかしながら、交流区間専用機の為か
 現在使用されているE751系は4両×3編成のみ

 小さな所帯ではありますが、
 青森-秋田間の地方都市と結ぶ重要な役割を担って、
 今日も元気に駈けて行きます。

   

category: 東北

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 奥羽本線 
Posted on 2018/03/05 Mon. 21:30  edit  |  tb: 0   cm: 0  

前森山遠景 (花輪線) 



2018.2.10 JR花輪線 平館-北森

 下り列車に乗車して平館駅を過ぎると
 なだらかな山容の前森山を望むことが出来ます。

 その前森山を開発した「安比高原スキー場」は
 東北有数のリゾート地 
 毎年40万人を超えるスキー客が訪れます。
 
 名峰を望み、渓谷を走り、リゾート地まである花輪線は、
 観光路線としても魅力的だと思うのですが、
 なぜか観光客とは無縁なご様子

 雪に埋もれたわら束を眺めながら
 2両編成の普通列車が、のんびりと走り去ります。

category: 東北

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 花輪線 
Posted on 2018/03/01 Thu. 21:43  edit  |  tb: 0   cm: 0  

雪明り (花輪線) 



2018.2.11 JR花輪線 松尾八幡平駅

 白々と夜が明けて来る頃
 始発列車の到着を待つ駅が
 雪明りに照らされます。

 明けやらぬ駅舎には、まだ人影もありません。
 肌に突き刺す冷気の中で
 小さな駅の1日が静かに始まろうとしています。
 

category: 東北

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 花輪線 
Posted on 2018/02/25 Sun. 17:57  edit  |  tb: 0   cm: 0  

雪を蹴散らす (秋田内陸縦貫鉄道) 



2018.2.12 秋田内陸縦貫鉄道 阿仁マタギ-戸沢

 比立内から奥阿仁方面へ向かうと
 大粒の雪が強く降って着ました。

 線路沿いの木立ちも霞むような雪景色は
 この地方が豪雪地帯であることの証。

 その一面白く煙る世界の中を
 内陸線の列車が雪を蹴散らしながらやって来ました。

 厳しい自然と闘う小さな車両の姿は、
 鉄路の運行に関わるすべての方々の姿なのかも知れません。
 

category: 東北

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 秋田内陸縦貫鉄道 
Posted on 2018/02/21 Wed. 23:56  edit  |  tb: 0   cm: 0  

大又川橋梁 (秋田内陸縦貫鉄道) 



2018.2.12 秋田内陸縦貫鉄道 萱草-笑内

 内陸線のポスターなどによく使用されている「大又川橋梁」は
 赤い橋脚が雪景色に映える沿線屈指の絶景ポイントです。

 本日の列車は、大サービスの2両編成
 乗客に楽しんでもらうよう、ゆっくりと通過していきます。
 
 雪を纏った針葉樹と広葉樹、
 眼下に流れる阿仁川の景色が
 観光客の眼を楽しませていることでしょう。

category: 東北

thread: 季節の風景

janre: 写真

tag: 秋田内陸縦貫鉄道 
Posted on 2018/02/17 Sat. 00:12  edit  |  tb: 0   cm: 0